片岡宏さんの作品

"ビバッ!ハンガリー、 ビバッ!ブダペスト"

ウィーンを満員の乗客を乗せ出発したオーストリア国鉄のRJ(レールジエット)はハンガリーの大平原を快調 に走る。ところどころで質素でこじんまりした農家の集落が見られる。空はよく晴れて青空がいっぱいに広がっている。やがてRJはブダペスト東駅に到着し た。7月23日午後3時前であった。ホームに降りて暑いなあと感じた。ブダペストは夫婦だけで来た今回のヨーロッパの旅の終着地であり、正直言っていまま では関心がいまひとつであった。東駅ケレティは駅の外へ出てはじめて知ったのだが、その壮麗なこと。駅舎の壁の黄色が午後の強烈な日に輝いていた。

駅前の大きな通りには歴史を感じさせる、ゴシック調の彫刻などが施された高層の建物が両側にビシッと並ん で、思っていたよりは壮大な都市だと思った。午後に着いたので、今日はペスト地区の中心部だけに出かけることにした。ホテルの部屋に荷物をほり込んで、街 へと繰り出せば、街は人や車、その他の交通機関の往来もたいへん激しく、活気に満ち溢れていた。今までに訪れた町々とは比較にならないと感じた。それに道 行く人たちが 気さくで、親切で老若男女問わず 道を聞いても丁寧に答えてくれる。中欧の国々の人はどこでもそうだが、ここは特にと感じた。
 今回ブダペスト滞在は丸二日もないので、現地通貨フォリントには交換しなかった。クレジットカードで対応しようと思っていた。それが後ほどしまったと思うことになるとは、その時は考えなかった。
 歴史を感じさせる重厚な造りの建物が両側に立ち並ぶ道を行けば、玉ねぎ型のツインタワーを持つイスラム系の教会に来た。シナゴーグという。中へ入るのに もチェックが厳しく時間がかかりそう。素通りしてデァーク広場へ。この付近は色々な博物館がある。更に北の方へ進むと聖イシュトヴァーン大聖堂に達する。 首が痛くなるほど大聖堂を仰ぎ見た。今日はこの辺りで引き返せばよかったのに、辺りに個性的な建物が多く、それらに引かれて更に北へ進んだ。
自由広場では見事な建物のハンガリーTVの本社などに見とれたりしているうちにとうとう国会議事堂まで来てしまった。気が付けばドナウ川の岸辺であった。悠悠と流れる大河ドナウを前にしたこの国会議事堂ほど壮麗な議事堂はそうはないのではないか。唖然とするほどであった。

議事堂に入るのはちょっと手続くが居るので、明日また来よう。ここがペスト地区の北の端、せっかくドナウ川まできたのだからと川岸を南下してくさり橋まで行こう。

くさり橋を目指して南に歩けば、夕陽を背に受けてマーチャーシュ教会の尖塔などの黒いシルエットがドナウ川 の水面に映って、何とも言えない美しさであった。くさり橋は存在感のある橋で、橋のたもとに座るライオンの像も威厳がある。橋越しに見る王宮の荘厳なこと  圧倒される思いであった。最初の予定よりははるかに遠くまで来たので、ここから帰ることにした。そして橋から南の方向に向かって行けばよかったものを、 土地勘のないものだから、北へ向かって西駅の方に歩き出してしまった。
どうも来た時とは違うので、何回も道行く人に地図を見せて聞いて見て、指示された方向へ歩いて行った。その中の主婦らしい方はこうこう行けばいけますよと特に丁寧に教えてくれた。また若い人はそこから電車で2駅だよと言ったが、ここで気付いた。
 現地通貨のフォリントを持っていないことを。電車にも乗れない。仕方なく言われた通り歩くのだが、どこか分からない。暗くならないうちにと思うのだが。 そんな時うしろから一台に自転車に乗った女性が来て、このまま、まっすぐ行けば、あと2分でホテルの着くよと声をかけてくれた。"えっ"と思って見れば、 特に親切に教えてくれたあの主婦らしい方だった。なんと自転車で我々の姿をこの大通りの人の往来も激しい中で追いかけて探してくれたのだ。その方にとって も夕方の忙しい時間だろうに。
その並外れた親切さに本当に心から感謝の気持ちが湧きあがって来た。そう告げて自転車で去って行かれる後ろ姿に思わず二人で手を合わす思いであった。この ことでいっぺんにハンガリーが、ハンガリーの人が好きになってしまった。ブダペストは今回の旅のラストなのだが、本当に来てよかったと思い、見上げた暮れ かけの空にぽつんと星が一つ、滲んで見えた。

翌7月24日、昨日の失敗に懲りて 今日は24時間のブダペストカードを買った。
これから王宮のあるブダ地区へ行く。ホテルの近くの地下鉄M2に乗る。駅では5,6人の駅員が入り口に立っていた。そこから深いエスカレーターでホームに 降りる。このエスカレーターのスピードが早い。大きな荷物を持ってはなかなか乗れないなと思った。まず国会議事堂前で降りて、議事堂の内部を見学しようと 思ったが、もう既に長蛇の列、これではチケットを買うのも大変で、見学時間も何時に指定されるか分からない。滞在時間に限りのある旅行者には時間こそ大切 だと思って見学は諦めた。ここに展示されている王から王へ受け継がれた歴史の証人ともいわれる王冠だけは見たかったのだが。

またM2に乗って、ドナウ川の下をくぐり一つ目の駅で降りた。この辺りが王宮の丘の北の入り口か。振り返れば川の向こうに国会議事堂が朝の日の照らされて荘厳な姿を見せていた。何度見てもすばらしい。
 住宅街の中の坂道を登れば、高い尖塔の教会が見えた。色鮮やかなモザイク模様のタイルの屋根であった。昨日夕暮れの中で対岸より見えたマーチャーシュ教 会であった。ハンガリーの長い歴史を背負って来たと言われる教会はブダペストのシンボルとして親しまれているという。それにしても朝から観光客でいっぱ い。向かいにある漁夫の砦という白い石灰岩で出来た建物は鈴なりの人だかりであった。観光バスが次から次へとやって来る。高台に出れば左に国会議事堂、右 は大聖堂を中心とした市街が望まれ、ここも絶好のビューポイント。人気があるのもなるほどと分かった。

この王宮の丘を南に向かってだらだらと下りて行く。途中、川筋に下りる建物の谷間の階段の道やいかにも歴史 を感じさせる古色蒼然とした建物が、これが中世の街なのかなと思わせるような雰囲気を持って迎えてくれているようであった。更に下がってくさり橋のブダ側 の起点に到達。ここも2頭のライオンが橋の傍に坐って、王宮を見守っていた。見上げればあの青いドームを持った王宮が見下ろしていた。王宮に上がるクラシ カルな小さなケーブルカーもあるのだが、ここも長い列、歩いて上がることにした。城内に通じる坂道を登れば、堅固な石垣が続き、この城が何代にもわたって 修復を重ねながら造営されたかが分かる。15世紀、王宮を中心にハンガリールネッサンスが花開き、中欧のルネッサンスの中心として栄華を誇った王宮はその 後のめまぐるしく変わる民族の交流と攻防の歴史を丘の上からじっと見つめて来たのだろうか。4頭のライオンの像が見守る中庭に立てば、そこに吹く風が歴史 の香りを運んでくるかのようであった。が今は静かに美術館として市民に親しまれている。王宮の正面のベランダに立てば、くさり橋とドナウ川とペスト地区の 市街が一望できる素晴らしい景色であった。

くさり橋は完成したのが19世紀の半ば、完成には10年の歳月を要したという。それまで船でしか行き来が出 来なかったペスト地区とブダ地区の間を初めて結んだ橋は重厚なボリューム感で渡る者に安心感を与えてくれる。ドナウの流れに架かる橋の上で盛んにカメラの シャッターを切りながら、東西の入り口に居る各2頭のライオンもこの国の歴史の証人なのだなと思って、その威厳のある姿を眺めていた。橋を渡って、トラム に乗り、北へ向かう車窓からの景色もすばらしい水彩画の絵であった。
 その後、地下鉄を乗り替え、アンドラシー通りの下を通るヨーロッパで2番目に古いM1に乗り、英雄広場や西洋美術館に行った。帰りにはオペラという駅で 降りて国立オペラ劇場を見学、内部には入れなかったが、ネオルネッサンス様式といわれるエントランスの重厚、華麗な装飾に目を見張らされた。この辺りには 有名ブランドの店が軒を連ねている。並木の葉を揺らす風のなか、アンドラシー通りを2駅先のデアーク広場までぶらぶらと散歩を楽しんだのち、ホテルへ帰っ た。もう夕刻になっていた。

ブダペストは見るべきもの、見ごたえのあるものが沢山あって、まだまだ見ていないものも多く残った。いくつ かある温泉にも行ってみたかった。ドナウのクルーズにも行ってみたかった。たった2日間ではとても回りきれない。明日の朝にはブダペスト・リスト・フェレ ンツ空港から帰国の途に就くのだ。色々な思いを感じながらホテルで夕食を済ました。その時、急にブダペストの夜景が見たくなった。 くさり橋を中心に王宮 や国会議事堂などの多くの建物がライトアップされるということは知っていた。行ってみようとまた地下鉄に乗った。空はようやく暮れだして来た。トラムに 乗ってくさり橋に向かったが、まだ灯は点っていなかった。いつ頃点くのか、道行く人たちに聞いて見たが、誰も時間は分からないそうだ。仕方がないので王宮 側に渡り、時間待ちでトラムに乗り、議事堂の見える所まで行って、また引き返して来た。空は暗くなり、もう9時になるから、もう点くだろうと思ったが、ま だ点かない。雨が降って来るし、今日は点かないのかなと橋を見れば、橋脚に一斉に灯が点った。わぁ、点いた。見ると王宮にも、マーチャーシュ教会も、議事 堂もライトアップの灯が点った。

 何んというきれいな光景か、こんな大きなライトアップショーは見たことがない。昼間の美しさに対するとは また違った感動に身が包まれて行った。ライトアップの灯がドナウの川面にキラキラ映えて、両地区を繋ぐくさり橋の存在感が一段と増しているようであった。 両側の景色を見ながら、何回橋を往復したことか。この景色は見ていて飽きることはない。雨も上がって両岸には人の姿も多くなって来た。くさり橋から国会議 事堂までブダ側の川岸を歩いた。キラキラとした光の中を川風がさぁと吹き抜けて少し火照った頬にまことに心地よい。ブダペストの夜は今回の旅の掉尾を飾る にふさわしい舞台を提供してくれた。機会を作って是非もう一度ここ"ドナウの真珠"ブダペストを訪れたいと思いながら、帰りの地下鉄に乗った。

―完―