原稔さんの作品

ハンガリー旅の思い出(ブダペスト)

2012.6.22〈金〉 ユネスコ世界遺産「ドナウ河岸とブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」 観光〈ツアー〉 を致しました。
初めてのハンガリー 21日の深夜 ホテルに到着し、この日は すぐ寝床に、、、、

6月22日〈金〉 天候 曇り、朝食(07:00) 09:00観光へ

ブダ側の丘地帯にある王宮や歴史的な建物、中世の面影を残す町や眼下に広がるドナウ川にかかるくさり橋や、国会議事堂等などの眺望に見入り記念写真を幾枚 も撮ったものである。 "スバラシイ"形容的な言葉が出ない。〈ドナウの真珠と呼ばれているが それ以上である〉

 ここから徒歩で三位一体広場に着、中央に三位一体の像がある。 これは中世ヨーロッパで猛威をふるったペストの終えんを記念して18世紀に建てられたと 言う。 この広場の右手側にマーチャーシュ教会と漁夫の砦〈童話に出てくるお城の様な建物=かわいい〉があり、全員で記念写真を撮る 〈唯一の写真であ る〉 ここからの眼下に広がるドナウ川、そしてペストが広がる最高のビューポイントと思われる。 その後 バス移動で民芸品店に寄る 素晴らしい刺しゅう やレース等の製品がある。一時を滞在し、聖イシュトヴァン大聖堂へ ブダペスト最大の聖堂という、昼食をレストランで、ビールがうまい。 食後 OPに向 う者、自由行動とる者に分れる。 私達は中央市場に行き ブダペスト市民の台所を見学し7名(24才=4名、60才1名70代2名)はくさり橋を徒歩で渡 りたく歩いて街中を歩き、ペスト側からブダ側に渡り さて、来た橋を戻るか、どうするか、で左側を見ると白い橋が有り、皆んな あの橋を渡って戻る事とし た 河岸ぞいと平行してトラムの線路と自転車道路があり 我々はその路を歩いて白い橋(エルジェーベト橋)へ向い 歩いてブダ側へ渡り歩き、集合場所近く のカフェーで一休み、 集合時間に集まった。  この自由時間の行動が真の旅なのかなあと思った。 くさり橋で記念写真を撮ってもらったのがブダペスト市 民の青年で、何枚(何回)も気持ち良くシャッターを押してくれた。 この時も皆んな(写す人も写される者)楽しい一時であった。楽しい想い出である。

      

夕食(グヤーシュ)後。OP「ドナウ川イルミネーションクルーズ」に参加(20:00~22:00)し素晴 らしい夜景で感動の連続、ビールを飲みながらの眺めも楽しかった(寒くはない、)*バスの車窓から、徒歩での渡り、クルーズで左右、下から、王宮から、上 からの、くさり橋の全とはいえないが色々視る事も目的であった事、達成されうれしく思っている。

今回の旅もツアーで忙がしく過し、いつかは、一週間位滞在しゆっくり視て歩きたく想っているが、、、。
"ハンガリーョ永遠あれ。"