第2回「ハンガリー旅の思い出」コンテストの発表

ハンガリーをもっと皆さんに知っていただくため「ハンガリー旅の思い
出」コンテストの作品を募集しました。

たくさんの思い出をいただきありがとうございました。
皆さんの思い出を少しづつピックアップしました。

お名前をクリックすると作品へリンクします。

第1回2004年の作品はここから。第3回2006年の作品はここから。
第4回2007年の作品はここから。第5回2008年の作品はここから
第6回2009年の作品はここから。第7回2010年の作品はここから。
第8回2011年の作品はここから。第9回2012年の作品はここから。
回201年の作品はここから。

どうぞ素敵な思い出作りの場として、ハンガリーへご旅行ください。

賞品 お名前 ハンガリー旅の思い出  
A賞

「ウィーンの薔薇」オリエンタル カップとソーサー
宮崎さん 必 然の出会い。「なぜハンガリーな の?」。年齢と共に長所を理解する。不思議に懐かしさを感じる場所。緑のトンネルを抜けて走る車窓から入る風が気持ちいい。赤ワインがお気に入り、即席ワ インバーでハンガリアン。日本円と格闘する両替係のおばちゃんにほのぼの。旅で出会った人たちが鮮やかな思い出に。
B賞

「アピシウスのハーブ」
フルーツボール
齋藤さん 中欧4ヶ国ツアーでヘレンドの蝶と花のティーカップをお土産に。はるばる遠い国につれられて来て3日後の中越大地震でこなごなに。でも旅の思い出をドラマチックに心に刻みつけてくれた。
C賞

「アポニー・カデット」
ファンシーディッシュ
細川さん 手 作り・自ら創り出す・融通の利く・ 物見遊山ではないツアーに参加。単語例文集を作成し旅に備え、渉外係りとして困難を切り開く。トラムでスリ被害に遭いかけ、緊張のブダペスト。でも、ブダ ペストっ子の親切で救われた気持ち。Hol van a WC?は命ほど大切な表現。農場に滞在し貴重な体験。ピロシカおばさんのホッロークー。チャールダで国際交流。中央市場で値切りに成功。
D賞

「バコニーの春」
スモールマグ
鈴木さん シシィに手を引かれハンガリーの旅へ。貴婦人の様な女性から突然日本語で挨拶され。ドナウクルーズは毛皮のコートをまとったロシア人のチャーター船へ。ゲッレールト温泉は裸で堪能。厳しい時間制限のブダペスト・カード。エスカレーターのスピードにご注意。
佳作

「ヤンメルタル・キュヴェ」
赤ワイン
小澤さん ご 褒美の旅行クーポンで2月の中欧へ 夫婦で貧乏旅行。到着早々のグヤーシュは期待はずれ、ステーキに限る。ポケットのカイロを頼りに、粉雪の市内観光。ドナウには流氷が。正装でオペレッタ鑑 賞、でも日本人と思しき若者の服装にがっかり。冷え切った体を新しいコンサートホールと音響が暖かく包んでくれた。平和とはなんと素晴らしい思い出を授け てくれるのか。

参加賞

中欧4ヶ国地図

(アイウエオ順)
大橋さん 合計150歳の金婚式記念旅行で中欧3ヶ国ツアー。日本語の上手なガイドさんに感心。ハンガリーが苦難の中で誇りと勇気で母国を守り通したことに感銘。雷さんとドナウクルーズ見事な夜景を楽しむ。歴史と芸術・文化のある国、観光で外貨獲得を。
田中(康)さん 海 外旅行デビューがハンガリーひとり旅。観光情報が旅の不安をワ クワクする期待へ変化させた。うさんくさい青年の好意が「親切な街」へイメージ変化。コルク栓抜きのない酒屋、でもワインを景色と共に楽しむ。ハンガリー はまだメジャーじゃない?でもガイドブックでは表現出来ないくらい街が綺麗。
田中(恒)さん 音楽とトレッキングを組み込んだ旅。大阪にオペラ座が欲しい。霧のマートラ山のトレッキング。エゲルは葡萄畑の真っ只中のホテル泊。ブダペスト農業博物館、穀類穀物展示が少ないのは何故?  
西村さん 中欧3ヶ国それぞれの特徴をつかむ旅。ハンガリーは東洋文化のかおりのする物価が安い国、そして音楽の都。三国の共通点は中世の面影、違いは旅行者の受け入れ態勢。旅行者の多い国は情報が充実し市民が洗練。


お知らせ:手書きの原稿からのリタイプの過程で、またHP上での見易さを配慮し、オリジナルから若干の変更があります。
さらに、地名などの明らかな誤りは修正させていただきました。アクセント記号も文字化けを防ぐため省略させていただきました。