パプリカ、そしてその後に続くのは…

ブダペストで味わえる味覚は、ハンガリー各地方の伝統料理が凝縮され洗練されたものです。食べ応えのあるハンガリーの名物料理グヤーシュスープからイタリア料理、フラン ス料理までなんでもお望みのままです。ハンガリー料理はここ15年で今に息づく伝統と現代の洗練性を融合させることに成功しました。伝統的なラードたっぷ りで高カロリーな料理は、現代の要求に応えて、より軽やかな調理法で提供されます。

ハンガリーをリードするシェフたちは、ハンガリー料理の基本となる調味料パプリカ、ニンニクそしてサワークリームを適度に用いることで、本来の味を 保つことに成功したのです(だからといって、昔ながらのこってりとした味がお好みの方もご心配なく。まだまだそうした料理もお求めになれますから)。

デザートはむしろ以前のものからそれほど変わっていません。レーテシュ、グンデル・パラチンタ、ショムローイ・ガルシュカ、ゲステニェ・ピュレー(ゆでた 栗を裏ごししたもの、ホイップクリームのトッピング付き)などの誘惑にあらがうことは難しいでしょう。他にもハンガリー独特なパスタもあります。食事用の 甘くないもの、または甘いもの色々ある中で、おすすめはトゥーローシュ・チュサ(カッテージチーズとサワークリームのパスタ)です。

次にハンガリー・ワインです。数世紀にわたり世界でも認められたワインなのです。ブダペストではハンガリー全国22の産地のワインをお試しいただけます。その中には「ワインの王」と称されたトカイ貴腐ワインもあります。ぜひ一度ブダ城で開催される国際ワインフェスティバル、あるいは市内のワインハウスへお越し下さい。イギリスのパブに近い役割を果たす、カフェ文化もブダペストでは盛んです。

ブダペストのカフェは、ツクラーズダ[cukrászda, 甘味処の意]やケーキショップが同居する店もあります。最も有名な店は創業1858年のジェルボー[Gerbeaud]です。またハウエル[Hauer] やルスヴルム[Ruszwurm]などの名店もおすすめです。ここまでお読みの方ならお判りのように、ブダペストはグルメ散策を楽しめる街です。ブダペス トはハンガリーの「台所」です。ハンガリー料理の歴史は多彩で豊かなものですが、それを発見するのは簡単です。席について、料理を楽しめばいいのですか ら!